化粧水ランキング

 

スキンケアを行う際に欠かせないのは、やはり化粧水ではないでしょうか?

 

肌を健康な状態で維持していくためには、化粧水を使った水分補給は欠かせませんからね。今では、化粧水と一言で言っても、様々なタイプの化粧水が販売されており、肌質などに合わせて選ぶことも出来ますよね。

 

今使っている化粧水は、自分の肌に合っている」と感じている方は、どのくらいいるでしょうか?

 

あまり、しっくりきていないけれど、化粧水なんて、どれも同じだろう」と思っている方も、多いのではないでしょうか。化粧水の目的は、何よりも肌に水分を与えること。

 

しかし、肌質に合っていない化粧水を用いている場合には、逆に肌を乾燥させてしまっていたり、トラブルを引き起こしてしまっている可能性もありますから、注意が必要ですよ。

 

また、間違った化粧水の使い方では、効果の高い化粧水を使ったケアでも、肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

 

自分の肌の状態にあった、化粧水を正しく使うことで、スキンケアの効果は最大限に発揮されます。

 

本サイトでは、歯の状態別に合わせて、人気の化粧水をランキング形式で紹介してますので、化粧水選びの参考にしてください。

 

 

化粧水の参考サイト
 

お悩み別化粧水【ランキング】

普通肌【化粧水ランキング】 美白化粧水【ランキング】

普通肌の為の化粧水をランキング形式で紹介します。

美白ケアの為の化粧水をランキング形式で紹介します。

ニキビ化粧水【ランキング】 敏感肌化粧水【ランキング】

ニキビケアの為の化粧水をランキング形式で紹介します。

敏感肌の為の化粧水をランキング形式で紹介します。

乾燥肌化粧水【ランキング】 年齢肌化粧水【ランキング】

乾燥肌の為の化粧水をランキング形式で紹介します。

年齢肌の為の化粧水をランキング形式で紹介します。

肌質で選ぶ化粧水について

 
敏感肌が安心して使える化粧水の条件とは?

敏感肌限定化粧水ランキングで必ず名前を見かけるのが、臨床皮膚医学をベースにして開発されているNOVシリーズです。開発コンセプトはとにかく肌に負担をかけない“低刺激性”で、皮膚の専門家、皮膚科ドクターの協力のもと立ち上げられた会社です。NOVは皮膚科、美容皮膚科にもよく置かれていることからも、信頼性抜群です。

 

混合肌向け化粧水は?

数あるトラブル肌の中でも厄介なのが、いわゆる混合肌タイプです。主な症状は「目元が乾ききっているのに小鼻周りはギトギト」、「基本的に普通肌なのにTゾーンだけテカテカ」等など。パーツによって肌質が違うと混合肌と呼ばれます。オイリー部分に合わせればドライ部分が悪化しますし、「一体どっちの肌質に合わせれば良いの?! 」と途方に暮れてしまいます。

 

オイリースキンのテカリを食い止める化粧水は?

オイリースキンのテカリを食い止める化粧水として昔から支持率が高いのが、肌を引き締める作用に秀でている収れん化粧水です。洗顔料でもお馴染みのロゼットスキンコンディショナーも、売れ筋のテカリ対策用化粧水として有名です。テカリ肌の他、開ききった毛穴トラブルにも有効ですが、角質層までしっかり引き締める為には化粧品ボトルを冷蔵庫で保管するのがオススメです。

 

乾燥肌に支持される化粧水とは?

日々肌の乾燥対策に奔走させられているドライスキン派は、当然保湿重視で化粧水を選びますよね。実際、乾燥肌向けの化粧水をチェックしてみるとシュウウエムラのリッチジェリータイプなど、いわゆる“とろみ系”の化粧水が目立ちます。口コミ情報でも、「とろとろしてまるで乳液みたい! 」なんて感想が多く寄せられています。

 

脂漏性皮膚炎を悪化させない化粧水とは?

脂漏性皮膚炎になってしまったら、状態が落ち着くまでは専用の化粧水を使った方が無難です。一旦発症すると「皮膚が剥ける」、「赤みが出る」、「むずむずと痒い」等など、辛い症状が暫く続く厄介な病気です。小鼻や口の周り、眉の間など症状が出る部位は決まっていますが、原因も治療法もはっきり決まっているわけではありませんから探り探り向き合うしかありません。

 

アトピー治療中に役立つ化粧水とは?

単なる肌荒れ、肌の不調とは異なり、アトピー性皮膚炎は明らかな病気です。アレルギー性の皮膚病ですから、普段使う化粧水も治療効果を妨げないような専用のものを使う必要があります。アトピー性皮膚炎患者さんが化粧水など基礎化粧品に特に求める要素は3つ、赤みと腫れ、痒みが引くようなローションです。乾燥や逆にじゅくじゅくと炎症が激しい状態をどうにかしたい、という気持ちはもちろんある筈ですが、痒みという人間が最も我慢しにくい不快症状を抑える作用も重要です。

 

 
更新履歴